軽量・高感度なのに強靭!おすすめメバリングロッド「Graphiteleader FINEZZA PROTOTYPE」レビュー

FINEZZAサムネイル




The following two tabs change content below.
た~にゃん
1985年生まれ。愛知県出身。小学校5年生の時にバス釣りにハマった、釣歴20年以上のアングラー。一時期はパッタリ釣りに行かなくなるも、香川の大学に進学したことをキッカケにバス熱が再燃。就職が決まってからは高松市内の釣具店でバイトを始め、様々な釣りに幅を広げる。中でもソルトウォーターフィッシングの魅力に取り憑かれ、毎日のように海に通う生活を送る。現在はシェアハウス運営会社の代表、フリーのウェブマーケター兼ウェブクリエイター、某企業のプロモーション責任者、NPO法人の代表理事と4つの仕事を兼務しながら、「初めての魚釣りプロデューサー」として、釣り初心者に向けた情報発信やイベントも開催している。

こんにちは!

初めての魚釣りプロデューサー、た~にゃん(@taaaanyan1208)です。

僕はこれまで色々な釣りをしてきましたが、一番好きなのは間違いなくメバルを中心としたロックフィッシュ(根魚)です。

その証拠に、僕、ロックフィッシュ用だけでタックルを3セットも持ってるんです。

今日はその中から、僕がメインで使用しているメバリングロッド、

Graphiteleader FINEZZA PROTOTYPE

をご紹介します。

それでは、早速いってみましょ~!

後にも先にも、コイツだけ

この竿を買ったのは2008年。

このシリーズが発売されて、当時バイトをしていた釣具屋さんに入荷した時、

値札を貼る時に触って衝撃を受け、一度も店頭に並ぶことなくお買い上げ

という形で我が家にやってきた、伝説の一本。

いわゆる、「ビビビ買い」ってやつです。

僕、釣り好きがこうじて現在10数本の竿を保有しているんですが、こんな買い方をしたのはコイツだけです。

しかも、当時学生だった自分にとって、この竿は決して安くありません。

今は同じ型の物がなくなってしまって、

こちらのロッドにバージョンアップしています。

僕が購入した時も、だいたい値段は今と一緒くらい。

正直言って、学生にはなかなかの代物でした。

それでも、ちょっと無理をしてでも「欲しい!!!!!」と強く思う竿だったんです。

その魅力をご紹介します。

驚愕の軽さ

一番は魅力は、その軽さです。

聞いて驚け!

なんと、7.6ftで76g!!!!!

えっ、イメージわかない?

分かりやすい例えで言うと、そうですねぇ…

LLサイズの鶏卵1個分くらいです。

この軽さなら、日暮れから夜明けまで釣りをしても、腕が疲れることはありません。

軽いリグを使うメバリングだからこそ、竿の軽さは最大の武器になると思います。

竿自体が軽いので、リールも軽い機種の使用をオススメします。

僕は

月下美人サムネイル

メバリングリール!だけど色々使える軽量モデル「DAIWA 月下美人 2004」レビュー

2016年11月2日

こちらの記事で紹介している08年モデルのDAIWA「月下美人」を使用していますが、このリールも軽さを売りにしているとあって、相性は抜群です。

超トルクフル!尋常じゃないバットの強さ。

「軽い竿」っていうと、気になるのは強度の問題です。

ようするに、

「強さが軽さの犠牲になって、大物が掛かった時に簡単に折れるのではないか?」

という点です。

しかし、心配ご無用!

その証拠に、ほら

フィネッツァで釣ったトラウト

このサイズ(58cm)のトラウトも上げられちゃうんです。

実はこの竿、カーボン繊維が縦・横だけでなく、左右斜め方向にも巻かれていて、バットの強さが半端じゃないんです。

だから、思わぬ大物が掛かっても、焦らずファイトを楽しめます。

やっぱり見た目は重要です

フィネッツァ全体

竿の全体像はこんな感じです。

個人的に一番のお気に入りはコルクのグリップ。

シブさがたまらないんだよなぁ(*´Д`)ハァハァ

あとは夜釣りの時でも目立ちやすいように、ティップの塗装がホワイトだったり、

移動する時にルアーをかけておけるフックキーパーが標準装備されていたりと、

細かい芸も男心をくすぐります。

その他のポイント

フィネッツァモデル名

僕が使っているのは、7.6ftのチューブラーモデルで、型番は↑のとおりです。

一応、メーカーからはメバリング用のバーサタイルモデルという位置づけで発売されていますが、個人的には先程ご紹介したトラウトでも使用しますし、その他アジング、カサゴなどのロックフィッシュ、バスやギル、ハゼ釣りなんかにも使ってます。

つまり、軽いルアーを投げる(投げたい)釣りなら、たいてい何にでも使えるんです。

テーパーは適度なファスト(先調子)。

繊細かつ適度なハリのあるティップ(穂先)、シャキっとしたベリー(中間部)、強靭なバット(グリップの丈夫)が絶妙なバランスで構成されていて、特に1g前後のルアーを投げた時の振りぬけは最高に気持ち良いです。

感度も素晴らしく、メバルの独特の「モソ」っとしたあたりも、ちゃんと伝わってきます。

チューブラーティップながら、時には向こう合わせが成功することも。

とにかく、全てのスペックが非常に高いんです。

まとめ

「バーサタイルモデル」というのは、得てしてどっち付かずで「中途半端」になりがちなんですが、この竿に関しては例外です。

最強のオールラウンダーとして、メッチャクチャ活躍してくれています。

自分の中では絶対に手放せない一本です。

本気でメバリングを楽しみたいあなた、多少値段は張りますが、迷っているなら絶対に買いです!

 

それでは、あなたも楽しいメバリングを(^^)




FINEZZAサムネイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

た~にゃん

1985年生まれ。愛知県出身。小学校5年生の時にバス釣りにハマった、釣歴20年以上のアングラー。一時期はパッタリ釣りに行かなくなるも、香川の大学に進学したことをキッカケにバス熱が再燃。就職が決まってからは高松市内の釣具店でバイトを始め、様々な釣りに幅を広げる。中でもソルトウォーターフィッシングの魅力に取り憑かれ、毎日のように海に通う生活を送る。現在はシェアハウス運営会社の代表、フリーのウェブマーケター兼ウェブクリエイター、某企業のプロモーション責任者、NPO法人の代表理事と4つの仕事を兼務しながら、「初めての魚釣りプロデューサー」として、釣り初心者に向けた情報発信やイベントも開催している。